IT

DXとは?IT化との違いは?2つのキーワードでわかりやすく解説!

社長

わが社もDXに取り組むぞ!

社員

DXって最近聞くけどどういうことなんですか?今までのIT化とは違うんですか?

社長

・・・実は私もわかっていない

アイコン名を入力

えぇ・・・

陽翔

その疑問、僕がお答えします!

今回は最近聞くDXについて、IT化との違いを踏まえながらわかりやすくご説明します!

DXの公式定義

DXとは「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」ことだ、と2004年にスウェーデン・ウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱しました。

DXは「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)」の略です。直訳すると「デジタルが変える」です。
なぜXなのかというと、Transformationは「Cross」と同義で、Crossを「X」と省略していたことからTransformationも「X」と略されるようになりました。

日本では2018年に経済産業省が以下のように定義しました。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

つまりどういうこと?IT化とどう違うの?

DXがどういうことか、今までのIT化との違いを踏まえ簡単にご説明します。

IT化のキーワードは「効率化!」

日本では2000年に「IT革命」という言葉が出来て、それ以降IT化が進められました。
そこでのIT化のキーワードは「効率化」と言えます。

具体的にはIT化により以下のようなことが出来るようになりました。

  • 書類が電子化され、管理や編集がしやすくなった
  • メールで連絡したりファイルをやりとりするようになった
  • Webで会議をするようになった
  • スマホで連絡出来るようになった
  • 在宅ワークが出来るようになった

これにより、業務の手間が少なくなり、業務のスピードが速くなりました。まさに「効率化」です。

ですが効率化では変わらないものもあります。それは「ビジネスモデル(ビジネスの仕方)」や「生活モデル」そのものです。

商品を作るメーカー、調達して売る商社、宣伝するマーケティング会社、輸送する運送業、店頭で販売する小売行、とビジネスの仕方は何も変わっていません。

生活モデルもIT化だけでは変わりませんでした。

しかし、次のDXにより変わってくることになります。

DXのキーワードは「ビジネスモデル・生活モデルそのものが変わる!」

DXでは効率化だけにとどまらず、ビジネスモデル・生活モデルそのものが変わります

どのような変化かと言いますと、Amazonが行ったことが具体例としてわかりやすいと思います。

具体例:Amazonのビジネスモデル

行動の変化

それまでは商品をWebで見ることはありましたが、購入は足を運んでいました。それがAmazonによりWeb上で購入し、通販で届くようになりました。この変化によって人々の生活モデルは一変しました。

需要・選択の変化

それまでは商品を自分で検索していました。そこにAmazonはAIを利用し、「よく一緒に購入されている商品」とか「この商品を買った人はこんな商品も買っています」といった関連商品を推薦することによって、ユーザの要望を提示するようになったのです。

モノの変化

物の商品だけではなく、映画配信などのデジタルコンテンツも手掛けるようになりました。それまでビデオやDVDをレンタルしに出掛けていた人が、PC一つで見ることが出来るようになりました。
またKindleのように電子書籍も販売するようになりました。

以上のように、DXはIT化とは違い、ビジネスの仕方や生活モデルを変えるものとなります。

DXを支える技術について簡単に説明

ここではDXを支える技術についてお話します。

IOT

IOTとは(Internet of Things)の略で、モノどおしをインターネットにつなぐということです。今まではパソコンやスマホしかインターネットに繋いでいませんでしたが、これからは他の機器もインターネットに繋ぎます。
そうすることで、遠隔操作が出来たりデータを大量に集めることが出来ます

クラウド

クラウドとは、データを自社の端末で管理するのではなく、他社のデータセンターを借りて管理する方法です。
コストが低いとか運用が楽という理由もありますが、ここではIOTによって送信されたデータを一括で集めることができる、という理由が大きいです。

AI

AI(artificial intelligence:人工知能)とは、ここでは人間の判断方法を自動的に行う、というイメージとします。データを自動的に分析するのに役立ちます。

5G

5Gとは(5th Generation)の略で、第五世代の通信システムのことです。①高速で大きな容量の通信ができ、②信頼性が高く、③多数の機器に同時に接続ができるようになります。

他にもありますが、以上が基本となります。
すなわち

IOTでデータを集め、クラウドに保管し、AIで分析する。その間の通信は5Gを用いる。と覚えておきましょう。

DXのこれからの展望

これから社会はますますDXを推し進めていくことになります。

その背景には、経済産業省の「DXレポート~ITシステム『2025年の崖』の克服とDXの本格的な展開~」という報告書の一文も影響しています。以下がその一文です。

  1. 老朽化した既存の基幹システムがDXを推進する上での障壁になる
  2. 2025年までにシステムの刷新をしないと、それ以降、年間で最大12兆円の経済損失が発生する可能性がある

これが社会に衝撃を与え、現行のシステムを刷新し、DXを推し進めようという動きに繋がっています。

トヨタのWoven City(ウーブン・シティ)

トヨタは2020年、アメリカ・ラスベガスで開催される世界最大規模のエレクトロニクス見本市「CES 2020」において、「Woven City(ウーブン・シティ)」という都市を開発すると発表しました。

Wovenとは、「編み込まれた」という意味で、この都市を通る道が網の目のように織り込まれている、というイメージで作られる都市です。具体的には以下の特徴があります。

  • 完全自動運転する車の道、歩行者と低速のモビリティが通る道、人だけが通る公園内歩道のような道が織り込まれている
  • 人の輸送、モノの輸送、移動用店舗の実現
  • インフラをすべて地下に設置
  • 太陽光発電パネルの設置
  • 新技術による室内用ロボット。IOTとAIの活用

これはまさにDXの一環であり、俗に言う「スマートシティ」の実現です。

このような取り組みが進められています。

僕たちはどうする?

今見てきたとおり、DXとはビジネスや生活を変えていくものになります。

これが実現されれば私たちの暮らしはさらに良くなっていくでしょう。

ただ、DXはIT化とは違い、綿密な計画や戦略が必要で、実現には時間がかかると思います。なぜなら社会の仕組みそのものから考えることが必要で、技術と経営戦略の両方の知識が必要になるからです。

ですが、今の若者には新しくて面白いビジネスに参入できるチャンスだと思っています。既存のビジネスが頭打ちになっていくこの状況で、柔軟な頭により勉強して行動すれば社会においてリーダーになれる可能性があります。
私もIT系社員として切磋琢磨してDX事業に参加していきたいと考えています。

まとめ

以上、DXについてご説明しました。

何となくのイメージが出来ていただけたら幸いです。

もし興味がもたれる方がいらっしゃったら、調べてみることをお勧めします。
IT系で働いている方は、自分に近い分野の勉強を始めてみるのもいいでしょう。

これを読んでいただいた人の中から次世代のビジネスリーダーが出たら嬉しいです。

それではまた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA