ブログ情報

【アドオンは止めよう!】アナリティクスからCookieを使って自分を除外する方法

こんにちは、陽翔です。

今回はGoogleアナリティクスからCookieを使って自分を除外する方法を提供しようと思います。

皆さんはGoogleアナリティクスを活用していますか?

Googleアナリティクスは「アクセス解析ツール」と言われ、ユーザー数や見られた記事などのデータを見ることが出来ます。
それを見て、「この記事が人気なんだ」、とか「このタイトルだと直接検索から来てるな」などがわかり、今後のブログ作成に役立てることが出来ます

僕の1週間の結果を【アナリティクス大公開】ブログを始めて1週間の全てで公開しています。この記事で見方や考えたことを簡単に書いてあるので参考にしてみてください。

今回はその記事でも書いたのですが、
普通にアナリティクスを使っているとデータに自分自身も記録されてしまっています
それだと本当に人が来ているのかがわからなかったりします。

ブログ初心者にとって「0か1か」って結構大事で、1人でも見に来てくれてるのかを知りたいものです。

それを実現する方法を今回はご紹介します。

僕はXserverで、WordPressを使用しておりますが、他の方にも参考になると思います。

Googleアナリティクスから自分を除外する方法3選

Googleアナリティクスから自分を除外する方法でよくあるのは次の3つです。

方法 ①アナリティクスのフィルタ機能でIPアドレスを使用する
②Chromeに「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」、スマホに「AdFilter」を導入する
③アナリティクスのフィルタ機能とHTMLでCookieを使用する ←今回のおすすめ

このうち、おすすめするのは③のアナリティクスのフィルタ機能とHTMLでCookieを使用する方法です。

僕がIPアドレスとアドオン、アプリを使用しない理由

IPアドレスフィルタを使用しない理由

IPアドレスフィルタを使用しない理由は、固定IPアドレスを使っていないと意味がないからです。
僕はポケットWifiを使用しており、IPアドレスが変わります。なのでIPアドレスでフィルタリングしても効かないんです。
また皆さんのスマホも変動IPアドレスなので、スマホからのアクセスを除外することは出来ません。

有線で繋げたパソコンや家の固定Wifiでタブレットを繋げていて、固定IPアドレスを使用している人はこの方法が一番いいです。僕も出来るならこれがいいですが出来ないので後の方法を取っています。

やり方は検索してみて下さい。

アドオン、アプリを使用しない理由

Chromeに「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」、スマホに「AdFilter」を導入する方法もあります。

ネットで検索するとよく出る方法で、簡単に自分を除外することが出来ます。

ですが、Googleアナリティクス オプトアウトは、他の人が運営しているブログのアナリティクスにも反映されなくなります。

僕はここが嫌で、自分はアナリティクスで分析したいのに、他の人には分析させなくするのは違うよな、と思うのです。

AdFilterも同様で、こちらはサイト別設定できるらしいのですが、
本当に効いているのかわからないのと、個別で設定しないと広告を全部ブロックすることになります。
これも広告を出したい自分が他の人の広告を出さないのは違うなと思っています。

以上から僕は次のCookieを使った方法を使用することにしました。

Cookieを使用した方法

説明

Cookieとは、簡単にいうと、ブログと訪問者のブラウザとの間で共有する文字列のことです。
この文字列をブラウザが保存しておくと、一度ブログを閉じても再度開いたときに同じブラウザだと認識してくれます。ショッピングサイトで一度ログインしたら、閉じても再度開くときにログインする必要がなくなるあれです。

これを逆に使用して、ブログから自分のブラウザだけに一定のCookieを渡し、アナリティクスからそのCookieを持っているブラウザを除外するようにすればいいのです。

Cookieを使った方法は、何もしなければ2年間有効です。「Cookieと履歴の削除」をすると取り消しになってしまうのですが、再び後述するCookie発行のページを開けばOKです。

またPC、スマホ両方に対応しており、ブラウザからCookie発行のページを開くだけで出来ます。
なので機種変やブラウザを変更してもすぐ対応することが出来ます。

検索すると古い手順ばかり。今回は新しい手順を紹介!

Cookieを使った方法は「Googleアナリティクス 自分を除外 Cookie」で検索するといくつか出てきますが、上位を占めるのは古い手順ばかりです。それを実行しても上手くいきません。

古い手順があふれているのは、Google アナリティクスがタグのサポートを移行したからです。

具体的には、
2016年まで「ga.js」
2014~2016年から「ユニバーサルアナリティクス(analytics.js)」
そして2017年から「グローバル サイト(gtag.js)」

と移行しています。そしてほとんど検索して出てくるのは「ga.js」のコードです。

最近始めた人はグローバル サイトタグを使用していると思いますので、その人用の手順を作成しました。

自分のGoogleアナリティクスがグローバルサイトタグかどうかの確認方法

Googleアナリティクスの左下の「管理」をクリックし、「プロパティ」 > 「トラッキング情報」 > 「トラッキングコード」をクリックして、以下のようになっていたらグローバルサイトタグです。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-xxxxxxxxx-x"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'UA-xxxxxxxxx-x');
</script>

UA-xxxxxxxxx-xは自分のトラッキングIDです。

また、WordPressを使用している人は、ダッシュボードの「HTMLタグ設定」の「Head」内にも同じコードが入っていると思います。

手順の概略

手順は大きく以下になります。手間はかかりますが、設定とコピペばかりなので10~20分あればいけます!

手順概略

①Googleアナリティクスでフィルターの設定をする
②Cookieを渡すHTMLページを作成する
③テスト用のHTMLページを作成する
④作ったHTMLをサーバにアップロードし、実際にブラウザからそのページを開く
⑤Googleアナリティクスで確認して、次の日も確認する

①Googleアナリティクスでフィルターの設定をする。

先にフィルターの設定をします。

カスタムディメンションの設定

1.Googleアナリティクスを開き、左下の「管理」を開く

2.「プロパティ」(多分真ん中)の、「カスタム定義」>「カスタムディメンション」をクリックする。

3.「+新しいカスタムディメンション」のボタンをクリックする。

4.カスタムディメンションを設定する。

  • 名前:何でもいいです。
  • 範囲:ユーザー
  • アクティブ:チェックを入れる。
  • 最後に作成をクリックします。
5.ディメンションのサンプルコードが表示されるのでディメンション番号を控える。

dimension〇となっている〇の番号を控えておいてください。
最後に「完了」をクリックします。

フィルターの設定

1.「管理」 > 「プロパティ」(多分一番右) >[「フィルタ」をクリックする。

2.「フィルタを追加」をクリックする。

3.フィルタの設定をする

  • フィルタ名:何でもいいです。
  • フィルタの種類:カスタム
  • 「除外」を選択する。
  • カスタム フィールド:カスタムディメンションで設定した名前を選択する(多分一番下にある)
  • フィルタ パターン:半角英数字で何でもいいです。これが後のCookieの名前になります。
  • 保存をクリックする。

Googleアナリティクスの設定は以上です。

②Cookieを渡すHTMLページを作成する

テキストエディタに以下のコードをコピペして、編集してHTMLファイルで保存します。

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta name="robots" content="NOINDEX,NOFOLLOW">
<title>クッキーで自分を除外</title>
<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-198544199-1"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());
 
  gtag('config', 'UA-xxxxxxxxx-x', {
  'custom_map': {'dimension〇': 'exclusion'},
  'exclusion': 'exclude-myself'
});
</script>
 
</head>
<body>
<p>クッキーを記録したので、このブラウザでのアクセスが除外されます。</p>
<p><a href="/exclude-test.html">テストページへ</a></p>
<p><a href="./">トップへ戻る</a></p>
</body>
</html>
  • 14行目の「UA-xxxxxxxx-x」はGoogleアナリティクスのトラッキングIDを入れてください(「管理」 > 「プロパティ」(真ん中)>「プロパティ設定」からコピペできます。
  • 15行目の「dimension〇」の〇に先ほど控えたディメンション番号を入れてください。
  • 16行目の「exclude-myself」は先ほどのフィルタ パターンで設定した文字列を入れてください。
  • 23行目の「jibun-sakujyo-test.html」は③で作成するテスト用のHTMLページの名前です。お好きなファイル名をお付けください。

出来たらHTMLファイルとして保存しましょう。以下注意点です。

  • 文字コードは「utf-8」にしてください。
  • ファイル名は何でもいいですが、他の人には見られたくないので、工夫してください。ここでは「exclude-myself.html」としました。

③テスト用のHTMLページを作成する

②と同様にテキストエディタに以下のコードをコピペして、編集してHTMLファイルで保存します。

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta name="robots" content="noindex">
<title>除外テストページ</title>
</head>
<body>
<p>除外出来ているかテストするページです。</p>
 
<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-198544199-1"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());
 
  gtag('config', 'UA-xxxxxxxxx-x');
</script>
 
<p><a href="./">トップへ戻る</a></p>
 
</body>
</html>
  • 18行目の「UA-xxxxxxxx-x」は②と同様GoogleアナリティクスのトラッキングIDを入れてください。

出来たらHTMLファイルとして保存しましょう。

  • 文字コードは「utf-8」にしてください。
  • 名前は②の23行目で付けた名前にしましょう。ここでは「exclude-test.html」としました。

④作ったHTMLをサーバにアップロードし、ブラウザからそのページを開く

②と③で作成したHTMLファイルをファイルサーバの「ドメイン名」 > 「public_html」にアップロードしましょう。
Xserverだと下記のようになります。

出来たら、②をブラウザで開きます。
URLは「ドメイン/html名」です(public_htmlは必要ありません)。
僕のでいうと、「https://kiridashi-kousatsu.com/exclude-myself.html」になります。

開いて下記になればOKです。このときにCookieが発行されます。

次に「テストページへ」のリンクをクリックして下さい。
開いて以下になればOKです。

これで作業は以上になります。後は確認です。

⑤Googleアナリティクスで確認して、次の日も確認する

④まで出来たら、Googleアナリティクスで確認します。
ちゃんと確認するには次の日も確認します。

確認の仕方

注意点ですが、リアルタイムにはあなたが見ていることが反映されます

④のテストページを開いたらGoogleアナリティクスの「リアルタイム」>「概要」を見てください。
アクティブユーザにあなたの人数、「上位のアクティブページ」にテストページの名前(ここでは「/exclude-test.html」)が表示されているはずです。

ですが、集計には反映されていません

時間を置いて(最大次の日)、アナリティクスの「行動」 > 「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」を開いてください。
テストページを開いた日付のデータを見て、テストページの名前が集計されていなければOKです

他にも、「ユーザー」>「概要」を見て、テストページを開いていた日付、時間帯の人数にあなたが反映されていなければOKです
なるべく一人の時間帯にテストページを開いておきましょう(何回でも開いていいので)。

リアルタイムには反映される訳ですが、流石に現在自分が見ていることはわかっていますので、自分以外の人数はわかりますよね集計に反映されなければ大丈夫なのです。

確認ができたら完了です。お疲れ様でした!

使い方

自分が使う全てのブラウザから、Cookie発行のページを開いてくださいPCでもスマホでも大丈夫です。これで2年間持ちます。
・もしスマホ等でCookieが自動削除されてしまう人、もしくは手動で
Cookieをよく削除する人は、Cookie発行のページをブックマークしておいてそこから入るようにしてください。

まとめ

以上、Googleアナリティクスから自分を除外する方法でした。

いかがでしたでしょうか?長くなってしまいましたが、やってみるとそんなに時間はかからないのではないかと思います。
確認に時間がかかるのは気になるかもしれませんが、実際には1日までかからずに判断できると思いますので、ちょっと待ってみてください。

これで皆さん、アナリティクスの結果をきちんと見ることが出来ます!
ぜひ自分のブログ作成にGoogleアナリティクスを活用してみてください!

何かご不明な点等ございましたら、コメントやお問い合わせしていただければと思います。

最後までありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA